sfiDARECRIT ルールーブック

2022年5月現在のルールをまとめました。ルール変更の際は随時更新いたします。

フラッグの意味

スタート前の準備

・ライダーは受付時間内に必ず受付とバイクチェックを済ませ、計測チップを完璧に装着した状態で招集場へ進んでください。

・18 歳未満の参加者は保護者又は保護者に代わる成人の同意書への署名が必要となります。

・試走を含めて ヘルメットの着用 を 義務とします。

・出場選手は必ずライダーズミーティングに参加して、 その日のレースについて理解してください。

・スタートグリットの順番は招集スタッフの指示に従ってください。

・スタート方法はランダムスタートです。カウントダウン10 秒以降はいつスタートホイッスルが鳴るかは不明です。

・スタート時は必ず片足を地面についてスタートホイッスルを待ちます。ほかの選手に寄りかかることやトラックスタンド(両足をペダルに乗せ て 止まった状態でバランスをとる こと )は認めません。

レースのルール

・各クラス周回数を事前に設定します。走行中もゴールラインに設置してある周回板を確認してください。

・周回数が残り1 周回の時にベルを鳴らします。

・周回数やレースコースの長さはレースディレクターの裁量で変更されることがあります。

・周回遅れになった選手の除外については、 レースコースやレースの長さによって判断 します。 スタート前の「ライダーズミーティング」での説明を必ず聴いて把握してください。

・各コーナーでスタッフがレッドフラッグ を 掲げている 場合は 、 速やかにレースを中止してスタート位置に戻 って ください。

・身体を故意に接触させる行為は禁止です。また 、ラフプレイもレース除外の対象となります

・レース中の故意に行うドリフトやスキットは禁止します。

・スタッフや審判員の指示に従わな い場合や 禁止事項を行っている場合は 、 レースから除外し 会場内から退場していただきます。

車両規定

バイク

・固定ギアのトラックバイク(ピストバイク)とします。ロードバイクをコンバージョンした車両は使用不可とします。

ブレーキ

・ノーブレーキとします 。ブレーキ装着の車両は試走前に必ず取り外してください。

ハンドル

・フラットバークラスはフラットバー又はライザーバーとします。その他のクラスはすべてドロップハンドルに限ります 。

ペダル

・ビンディングペダル又はストラップ付ペダルに限ります 。フラットペダルは禁止とします 。

タイヤ

・チューブラー、クリンチャー、チューブレス等選択は自由です。ただし、リムへの装着が完全 な状態にしてください 。

ロックリング

・ロックリングは必須です。無い場合は参加できません 。

その他

・競技に関係のないもの(リフレクター、ベル、スタンド  等)は 取り外してください。

・車載カメラの搭載は認めますが、 バイクから外れたり落ちたりすることが無いようにしっかりと固定してください 。

以上

sfiDARE CRIT produced by  104サイクル 〒503-2304 岐阜県安八郡神戸町丈六道361-1